COPLI U-35 トレンド技術入門セミナー『Webの危険性を知ろう ~脆弱性診断ツールを体験する~』が開催されました。

COPLI U-35では、COPLIの会員企業を中心に、神戸を支える各企業の若手、中堅社員の交流をはかり、

神戸のIT業界そして、IT業界とつながりがある業界の底上げを図ろう!という取り組みを行っております。

  「言葉は聞いたことがあるけど、具体的なことは何も知らない」
  「勉強をしてみたいけど、なかなか時間が取れない」
といった若手社員が興味や関心を深め、その技術についての勉強を始めるきっかけになることを期待し、本セミナーが企画されました。

 

 

COPLI U-35 トレンド技術入門セミナー『Webの危険性を知ろう ~脆弱性診断ツールを体験する~

 

日時:2018年10月31日(水)19:00~20:30  
会場:(株)神戸デジタル・ラボ セミナールーム (同ビル10階)

講師: 安達 智弘 氏

    (株)神戸デジタル・ラボ セキュリティ事業部 脆弱性診断チーム

 

 

トレンド技術をいくつかリストアップし、その中から今回選んだテーマが「セキュリティ」。

ただ、「セキュリティ」とひと言で言ってもその範囲は非常に広く、テーマの絞り込みのため

神戸デジタル・ラボ様にご相談し、「脆弱性診断」へと辿り着きました。

 

「セキュリティ」の入り口部分である「脆弱性」について学ぶことは、IT企業の方のみならず

日頃インターネットを利用するすべての方にとって有意義であると考えたU-35としては、

主たる参加者を若手と位置付けているため、

ただ座って聞くだけのセミナーよりも実際に手を動かなしながら体験できるほうが良いだろうということで、

セミナー後半に脆弱性診断を行うハンズオンも付与し、参加者の満足度を高めるように設定しました。

 

 

u-35_20181031


前半の講義部分では、脆弱性とは?に始まり、

実際にWebサイトへの不正アクセスがどのようにして行われるのかという事例まで幅広くご説明、ご紹介をいただきました。

 

特にWebサイト制作をされているエンジニアの方にとっては、

制作時に気を付けなければいけないポイントをたくさんご紹介いただき、非常に良い学びになったのではないでしょうか。

 

一方、後半のハンズオンでは、事前にアプリケーションのインストールとハンズオン環境の構築が必要とうことで、

若干手間の掛かる事前準備をお願いさせていただきましたが、参加者全員が漏れなく準備をしてきてくださっており、

今回のセミナーに対する真剣さが感じられました。

 

内容としては、あらかじめ用意された脆弱性を持つWebサイトに対して、参加者が実際に不正アクセスを行ってみるという体験を実施。

非常に盛り上がりながらのハンズオンとなりました。

 

最後に、ご参加いただきました皆さま、そしてプロジェクトにご支援ご協力くださいました皆さま、本当ありがとうございました。

おかげさまで大変素晴らしいセミナーを開催することができました。
(COPLI U-35一同)