COPLIより新年のご挨拶

2019年01月04日

 

◆会長/力宗 幸男(兵庫県立大学名誉教授/株式会社ムーブ 技術顧問)

 皆さま、新年あけましておめでとうございます。
 昨年末、私ごとですが、神戸市から産業功労賞を頂きました。

 COPLIの会長として神戸市のICT業界の発展に寄与したというのが評価されたものだと思います。

 しかしこれは、ひとえにCOPLIの副会長、事務局長、事務局、幹事の皆さま 、

 会員の皆さまのご活躍、ご支援の賜物であると思います。

 ここにお礼を申し上げたいと思います。誠にありがとうございました。

 さて、本年は平成最後の年で、新年号の元年の年でもあります。

 年号だけではなく、社会のさまざまなものが変革の年になると予想されています。

 COPLIにおきましても今年度から新たなプロジェクト企画が始まっており、

 今年はその方向性の真価が問われる年になりますので、皆様のより一層のお力添えが必要となります。

 本年もどうぞよろしくご支援のほどお願い申し上げます。

 

 

◆副会長/永吉 一郎(株式会社神戸デジタル・ラボ 代表取締役)

 皆さま、2019年明けましておめでとうございます。

 今年は平成最後の年となりました。

 昭和最後の日は石川県の羽咋海岸でUFO見物ツアーしながら過ごしました。

 平成最後の日はGWの真っ最中でクロスメディアイベント078の後片付けしながら迎える事になります。

 本当に変化に富んでいた平成がいよいよ終わります。

 次がどんな時代であれ私より若い世代が活躍する時代になることは間違いありません。

 それをしっかり応援できるようになりたいですね。

 では今年もよろしくお願いします。

 

 

◆副会長/山本 裕計(アイクラフト株式会社 代表取締役)

 昨年末に誘致が決まった大阪万博など、関西に明るい話題が飛び交うようになりました。

 大阪だけでなく福岡のように若いリーダーが街に変化をもたらし、活気 を生んでいます。

 COPLIも昨年から若い世代の活躍が目覚ましくなってきました。

 2019年もなお一層、若い世代のリーダーシップで地域の情報化を加速させて いきたいものです。