【活動報告】メイカーズのエコシステムを神戸に創るための実験プロジェクト ~We Can Be a Maker!~(2019)

世界中でFablabやMaker Faireなど、メーカームーブメントが盛んな中、COPLIとしても、この流れを理解し、自らMakerとなり、地域コミュニティにも資する活動とする。
各社協業によるMakerビジネスの取り組みのスタイルを神戸から発信することで、企業の知名度向上と既存ビジネスの販路拡大を目指す。

 

2年目となる本年度は、より具体的な形を残せるよう、以下の活動を年間を通して行っていく。
 ①国内の先進的なMakerをお呼びした勉強会・セミナー
 ②神戸内外のIoT先進企業の講師の方をお呼びして、COPLI会員自らMakerとなるためのワークショップ
 ③Maker Faire Shenzhen 2019 へ視察・出展
 ④Tsukuba Mini Maker Faire 2020 へ視察・出展
 ⑤上記の実践を経て得た知見と実際の成果物の発表・報告会の実施

 

実施活動
  第1回 実施日:令和1年6月4日(火)

      議 題:2019年度プロジェクト申請について

  第2回 実施日:令和1年7月8日(月)

      議 題:年間活動スケジュールおよびタスクについて

  第3回 実施日:令和1年7月22日(月)

      議 題:年間活動スケジュールおよびタスクについて

  その他 適宜Slackオンラインミーティングを実施

 

タイトルなし

 

勉強会・セミナー、ワークショップ、Maker Faire TOKYO、Maker Faire Shenzhen 2019 へ視察・出展等の調整・報告をミーティングにて計画。

ワークショップなどは講師陣の都合や、新型コロナウィルスの影響により中断、「Maker Faire TOKYO」は2020年五輪開催のため、一般展示枠が少なくなり落選。更に「Maker Faire Shenzhen」に向けての動きについては、香港のデモの影響があり計画を見送りするなどの不運が重なり計画をうまく実施できない年でもあった。今後は新型コロナウィルスの影響や情勢も鑑みて、ウェビナーでのセミナー開催などに変更できないかを講師と共に再検討を進める。